トライボロジーのすべてを理解したうえで

船舶、海上開発、エネルギー、製造業、防衛産業、プロセス産業、鉱業、土木建築など、幅広い産業分野のユーザー様との膝を突き合わせたお打ち合わせ、特に様々な問題と要求をお聞きするなかで、弊社のトライボロジーへの理解は豊かなものになってきました。多くの産業分野で操業効率や生産性を上げるだけでなく、環境問題にも目を向けることが求められ始めています。

トライボロジーとは?

トライボロジーは、擦れあう表面の間に起こる現象、つまるところ、摩擦、磨耗、そして潤滑に関する研究です。一言でいえば、トライボロジーとは摩擦によるあらゆるダメージの防止そのものです。

パーツ間の機械的摩擦のために浪費される動力エネルギーは小さくありません。同時に摩擦によって機械パーツの磨耗が起こります。

磨耗によって機械内部のパーツ、また潤滑油の交換が必要となり、そのために生産性と収益率の低下をもたらしています。

潤滑性とはパーツ間の機械的摩擦を可能な限り低減することにより、機械内部の磨耗・フレッチング等を防止するものです。

詳細なオイル分析でわかること

当社では、世界で一流と認められるオイル分析機関と提携して、第三者の立場からオイルの厳密かつ信頼できる分析結果を取得します。主な分析内容は、汚染粒子のサイズ別カウント、酸価、水分、ワニス成分、各種金属分で、これらの分析結果をもとに当社の熟練した技術陣よりそれぞれのユーザー様に最適の解決法をご提案させて頂きます。

1987年のアメリカの研究で、機械パーツの磨耗のためにGDPの 1‐2% にも昇る損失が発生していると報告されています。  (ヘインズ)

さらに、ユーザー様からお預かりしたオイルサンプルにて、0.1 μ 以上の異物、ワニス成分などを補足して重量法汚染分析を行います。これによりオイルの真の危険度が明らかになります。

《ヨーロッパフィルター》を一定期間使用した後に再度同様の分析を行うことにより、この独自の構造を持つ特殊フィルターの素晴らしい効果を客観的な数値データとしてはっきりと確認して頂くことができます。